銀行系カードローンはローン契約機でローンカードを受け取っても直ぐは使えない!

カードローンで短時間で審査も済み、その場でローンカードを受け取れる方法として無人契約機いわゆるローン契約機があります。ローン契約機自体は、消費者金融が古くから導入し、即日融資に対応したサービスでした。近年では、一部銀行のカードローンでもローン契約機を発行し、申し込みや契約手続き、ローンカードの受取が消費者金融と同様に行うことが出来ます。

ですが、2018年1月から銀行カードローンの審査は即日対応から最短1営業日もしくは数日間かかることになっています。つまり、銀行のローン契約機は消費者金融のサービスとの間に差が生じています。急いでいるからといって、ローンカードを受け取っても本審査や警視庁のデータベースへの照合審査が完了しなければ、利用は出来なくなっています。

データベースへの照合は、銀行カードローンの審査システムとは現状独立したものとなっているため、照合手続きの順番待ちが発生してしまいます。また、カードローン以外のローン審査にも用いられるため、さらに時間を要することもあるため、借り入れまでの時間を考慮する必要があります。反社会的勢力との関係がない場合でも、照合手続きが何段階も行われることもあるため、時間的な余裕が重要です。

また、申し込み手続きや契約手続きをローン契約機で行うことは、現状では手間が掛かるだけでなく、審査落ちした際に時間的な無駄になってしまいます。また、本審査の結果、ローンカードが利用出来ないということもあり、ローンカードの受取自体も無駄になる可能性があるため、インターネットから申し込み手続きを済ませ、審査結果の連絡後に受け取ることをおすすめします。