キャッシング審査に落ちてしまう主な理由とは

キャッシングと言う物は成人していて安定した収入がある方なら誰でも利用できるようになっていますが、100パーセント確実に借り入れができると言うわけではなく審査に通過する必要があります。この時に重要になるのが在籍確認と総量規制で、キャッシング審査に落ちてしまう主な理由はこの二つになります。

まず在籍確認についてですが、こちらは申込書に記載された職場に本当に在籍しているかどうかの確認になります。この時には会社に事前に伝えておかないと、不審な電話として在籍していないと言われてしまう事がありますので審査に落ちてしまう事があります。

なお基本的には個人名でかかってきますので、友人から連絡がくるなどと伝えておけばキャッシングがバレてしまう可能性を最小限にできます。

次に総量規制ですが、こちらは貸金業者に定められた法律の事で年収の三分の一を超える貸し付けは行ってはならないと言う内容になります。なので他社からの借り入れが複数あったり、一社だけでも限界まで借り入れしていた場合にはこの総量規制に引っかかりキャッシング審査を通過できなくなってしまいます。

ただし、この総量規制は貸金業者に定められていますので銀行は規制の対象外になっています。