信用金庫のカードローンは2種類ある

カードローンを申し込む際には、様々な金融業者の中から自分に合った商品を選ぶことになります。銀行カードローンだけでなく消費者金融からも選択出来るでしょう。しかし、窓口申込が出来て信用金庫に口座開設しているならば、信用金庫のカードローンを選ぶことも可能です。

信用金庫法に基づいた貸付となるので、総量規制対象外というメリットを受けられます。しかし、信用金庫のカードローンには保証会社との契約が必要となるので、保証会社としてどの組織が担当しているのか確認する必要があります。

ポイントとなるのは、保証会社として参加しているのは、全国の信用金庫が互いに出資して出来た組織であるしんきん保証基金ならば、審査結果が窓口ですぐに出る点です。保証会社として営利目的で行われているわけではなく、信用金庫同士が互いに出資しているので、公平な審査が期待出来ます。

一方、信販会社を保証会社としたカードローン商品も提供されているので、どちらの商品に申し込むかどうかで審査内容に違いが出ることを知っておくと良いでしょう。信販会社を保証会社としたカードローンは、信用金庫独自商品ではなく他社の金融商品を提供しているに過ぎないので、信用金庫では頻繁に行われている再審査制度を利用できません。