キャッシングする時の本人確認書類について

キャッシングをする時に借り入れ審査を通らなければお金を貸してもらえません。借り入れ審査をするのには本人確認書類が必要になりますし、借入限度額によっては収入証明書も必要になります。

どの金融機関でも運転免許書、パスポート、マイナンバーカードなどの顔写真付きの本人確認書を提出書類として認められているところが多くあります。一昔前では健康保険証も本人確認書類として認められていたのですが、2016年に犯罪収益移転防止法という法律が改正され、本人確認が厳しくなりました。そのため今では健康保険証だけの単独だけでは認められなくなってきました。他の本人確認書類として印鑑証明書や住民票、外国人の場合は在留カードなどがいけます。キャッシングは外国籍の人でも利用することはできますが、基本的に永住許可を受けている人しか借り入れはできないようになっています。

しかし、永住許可がなくてもキャッシングできる金融機関もあり、条件としては「外国人登録書」と金融機関が出す規約を読める「日本語力」があれば大丈夫なところもあります。しかし、最低でも日本人であっても安定した収入と住所があればキャッシングできますが、外国人の場合でもあっても同じことが言えます。